悩みを解決する為に

ビフォーアフター

治療する前に敵を知る

いぼは基本的にできたとしても命の危険はありません。しかしできた場所によっては見た目を悪くしたりコンプレックスの原因になったりします。そもそもどうして突然できるのでしょうか。実はいぼは非常に身近な存在であり、日常生活の中に原因は多く存在しています。種類も多くありウイルス性と老人性に大別できますが、それ以外にも原因は普段している事に多く隠れています。普段使用される方も多いネックレスですが、これが原因となるアクロコルドンという種類があります。ウイルス性等ではなく、摩擦によって発生するもので目立つ様な色はしていませんが少しだけ膨れている特徴があります。一見してシミの様に見える特徴があるスキンダックという種類は、触っても膨れていないので、いぼと見分けが付きにくいので対処を誤る事が多いです。これらは年齢を重ねる事で発生しやすい傾向にあります。この様に老人性は首にできやすく、紫外線のダメージが蓄積した事や新陳代謝の低下等が原因と言われています。首は肌を露出している部位なのでどうしても紫外線を浴びる頻度が高いので、予防ケアが推奨されています。ウイルス性は年齢に関係なく発生すると言われていますが、特に高齢者や子供の様に免疫力が低い年代に発生しやすい種類です。感染力もあり、プールや大衆浴場が感染経路と言われています。感染した方が使用したタオルでも他者にうつす可能性もあり、家族間で広まる危険性があります。老人性は放置していても他者にうつしませんが、ウイルス性は感染拡大予防の為に早期に処置する事が推奨されています。自分がどの種類のいぼが現れているかは自己判断が難しいので、医療機関で診察してもらうのが確実です。いぼができたとしても命の危険性はほとんどなく放置していてもかまいません。しかし種類によっては肥大や増殖、他者にうつしてしまうものもあります。自分が感染源にならない為や、見た目が悪くなる事を改善する為にいぼの治療を受ける方が多いです。ウイルス性か老人性かは自分で判断する事は難しいです。市販の対処グッズも多くありますが、それが症状に合っているかは分からなく、荒れて悪化する可能性もあります。自分の状態に合った処置を受ける為に医療機関を利用するのです。いぼの治療は健康保険を利用して1割〜3割の自己負担で治療する事ができます。一般的に皮膚疾患なので皮膚科に通う事になるのですが、治療方法は保険適用なので決まっています。液体窒素や電気メス等がありますが、痛みを避けたい方には漢方薬の内服療法も保険適用です。子供の治療では痛みに怯える事からこの漢方薬での治療が多です。病院で治療する事で再発も防げますが、治るまでに時間が掛かる特徴があります。この場合の治るまでとは、治療後の赤みやかさぶたを終えて肌が修復するまでの期間を指します。これをダウンタイムと言うのですが、その際いぼはなくなりますが治療跡が目立つ事もあります。ダウンタイムを短くし人前に気にする事なく出られる様に綺麗に取り除きたい場合は、保険適用外ですが美容整形外科クリニックや美容皮膚科を選択する手もあります。美容クリニックでは治療跡までが治療範囲なので、見た目を悪くしない様に綺麗に仕上げてくれます。レーザー治療が主流であり、塗布麻酔を使用するので痛みも少ないです。目立つ場所は美容クリニックで治療し、目立たない場所は病院の皮膚科で保険適用の治療を受けるという使い分けができます。

男性医師

敵を知って正しい処置を

いぼは気になって触ってしまう事も有りますが、感染が拡大する事も有るので触る事は避けなければなりません。病院で治療を受ける際は様々なタイプのいぼに対応しており、きれいに治る、どこに出来た物でも取り除いて貰える等の効果が期待出来ます。

カウンセリング

信頼できる皮膚治療

大きくなると問題になりやすいいぼの症状は美容外科で、取り除く手術をすれば良い状態に変えるのは難しくありません。手術をすればいぼは取り除けますけど、再発しやすい症状なので施術後の対応も十分に行うべきです。

女性

事前の情報収集の重要性

いぼはできる原因によって適切なケアが変わることがあります。自身でケアを行う場合であっても、一度病院等で診察を受けることが重要です。クリニックは自身の希望する条件に順序付けを行ったり、見積もりサイトを活用したりすることで効率よく探すことができます。